Serviceサービス案内・設計の流れ

設計事務所(アトリエグローカル)に設計監理を委託するメリット

お客様のご要望に対応した
「オンリーワンの設計デザイン」をご提案

お客様のご要望にぴったりのオリジナルな住まいを、お客様がご納得いくまで、とことん相談しながら計画することができます。 カタログからの限られた選択メニューの中からの選定や、設計が専門ではない営業担当者との相談ではなく、設計/デザインが専門で、実際にお客様のお住まいの設計を担当する建築家と直接相談することで、ダイレクトにお客様のご要望を計画に反映させることができます。 特にアトリエグローカルは、お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様のご要望を単になぞるだけの設計や、一方的な押し付けの提案は行わず、お客様とのご相談や共同作業の中からオンリーワンの計画やデザインを考案・ご提案してゆくことをモットーにしています。

お客様の代理人として
工事金額の査定/調整/交渉をおこない
「適正価格」で工事発注

設計事務所の目から見て信頼できると考えられる複数の工務店から工事金額の見積りをとり公正に査定/比較することで適正な競争原理に基づく費用で工事を発注することがきます。特にアトリエグローカルは、いかなる工務店とも利害関係を持っておりませんので、お客様の側に立った独立した立場で工務店との金額交渉等に当たれます。これまでの多数の実績にもとづき厳しい予算などの難しい金額調整/交渉にも適切に対応いたします。設計料の目安は工事金額の10~12%程度です。この金額を高額とお考えになる方もいらっしゃいますが、独立した立場で複数の工務店から適正な競争見積りをとることにより10%以上の工事費抑制は十分に可能ですので、設計事務所に設計依頼をすることは決して全体費用の増加にはなりません。

施工会社に従属しない
「独立した立場で工事監理」
をおこない図面通りの建物品質を確保

工務店とは独立したお客様の代理人としての立場で、建物が設計図の通りに作られているか、工期(スケジュール)は予定通りに進んでいるか、お客様のご了解なしに追加費用の発生する工事などが行われていないか等を監理(チェック/指導/報告)いたします。 特にアトリエグローカルは設計の担当者が引き続き直接工事監理も行いますので、大きな事務所によくあるように設計と工事監理の担当者が入れ替わるようなことがなく、設計時点でお客様とご相談した内容を一貫して理解しながら工事監理をして、設計図には表現しきれていない部分も含めて、お客様のご要望に合った建物の完成へと導きます。

  • サービス写真
  • サービス写真
  • サービス写真
  • サービス写真
  • サービス写真
  • サービス写真

業務の流れと費用

Flow Detail Cost Memo
01相談 1)無料相談・面談
お気軽にご連絡ください。新築・リフォーム耐震診断・土地探しなどどのような内容でもご相談下さい。メール、お電話、ご面談その他どのような形式のご相談にも対応させて頂きます。
無料
  • ・ご要望のヒアリング
  • ・現地調査
  • ・土地探しサポート
  • ・法令等調査
2)アイディアプラン提案
<約1か月>
お伺いしたご要望をもとに、アイディアプランを作成してプレゼンテーションさせて頂きます。
プラン提案後、こちらからしつこく営業活動は致しませんので、じっくりと提案内容をご検討して下さい。尚、図面・模型等の著作権はアトリエグローカルに帰属しますので、これをもとに別業者に設計を依頼するなどの行為はご遠慮ください。
無料
  • アイディアプラン成果品
  • ・平面図、立面図、断面図(1/100)
  • ・イメージ模型
  • ・イメージスケッチ
  • ・工事費の概略目安
02設計 1)設計監理契約
アトリエグローカルのアイディアプラン、人柄、会社概要などをご検討して頂き、私どもを気に入って下されば設計監理契約を結んで下さい。
設計監理費用は工事金額の約10~12%(消費税別)が目安です。建物ごとに条件が異なりますので、詳細は個別に御見積書をご提示させて頂きます。
1回目お支払い
設計監理費の30%
工事費(税別)は東京23区周辺で木造住宅で75~90万円/坪、鉄骨・RC造住宅で90~120万円/坪程度が目安です。地域により工事費は1~2割程度異なる場合があります。
2)基本設計
<約2~3か月>
間取り、外観・内観のデザイン、材料、設備の仕様などをお客様のご要望をうかがいながら検討します。直接お会いしてのお打合わせは2週間に1回程度のペースが通常です。1/100~1/50程度の図面や模型、スケッチなどを作成しながら検討作業を行います。
この段階でのお客様とのコミュニケーションの充実の度合いが、設計内容の良否に大きく影響しますので、じっくりとお打ち合わせをさせて頂きます。
  • 成果品
  • ・仕上げ表
  • ・配置図、平面図、立面図、断面図
  • ・設備概要計画(給排水、空調換気、電気)
  • ・イメージスケッチ・模型など
  • ・工事費の概略目安
  • 別途費用(お客様負担)
  • ・地盤調査
  • ・敷地測量
3)実施設計
<約2か月>
正確な見積り金額が算出できる詳細設計図面一式を作成します。木造2階建て住宅で通常40枚程度の図面枚数になります。この段階で、設備機器や各種建材・器具などを具体的に選定するために、メーカーのショールームなどにお客様とご一緒させて頂きます。 また、木造3階建てやRC・鉄骨造の場合は構造設計事務所に構造設計を依頼します。
2回目お支払い
(実施設計終了時)
設計監理費の20%
  • ・成果品
  • ・計画諸元、仕様書、仕上げ表
  • ・平面詳細図、矩計図、展開図、建具表、外構図、他
  • ・構造図、構造計算書
  • ・設備図(給排水、空調換気、電気)
4)工事費見積り
<約1か月>
工務店に詳細な工事費見積もりを依頼します。
提出された見積もり金額をアトリエグローカルにて精査した上でお客様に金額をご報告し、さらに予算に応じてて工務店と金額調整の交渉を行います。この際、アトリエグローカルはお客様の代理人として、施主の利益の側に立ち金額査定や減額交渉を行います。裏で工務店から見返り費用を貰ったり、工務店に不適正に利益が上がるような査定・交渉はいっさいいたしません。
  • ・見積依頼する施工会社の選定
  • 見積もりを依頼する工務店は設計事務所からのご紹介や、お客さまからのご指名などにより、ご相談しながら選定いたします。1~3社程度
5)確認申請
<約1か月>
建築確認申請を行政または民間指定審査機関に提出して、建物が関係法令に適合していることを確認してもらいます。その他、長期優良住宅認定や住宅性能評価など必要な諸手続きを行います。
確認審査・検査手数料(確認申請+工事中間検査+工事完了検査)は、お客様が直接担当機関にお支払い願います。
  • 「建築確認申請費用の目安」:40坪程度の専用住宅
  • ・木造2階建て住宅:確認審査3万程度、中間検査なし、完了検査3万程度
  • ・木造3階建て住宅:確認申請5万程度、中間検査3万程度、完了検査3万程度
  • ・RC・鉄骨:確認申請15万程度、中間検査4万程度、完了検査5万程度
  • ・長期優良住宅認定費用10万程度
03工事
監理
1)工事請負契約
お客様(建築主様)と工務店(工事請負者)間で、工事請負契約を結んで頂きます。
設計事務所は、工事監理者として工事請負契約に記名捺印いたします。
3回目お支払い
(工事契約締結時)
設計監理費の20%
「工事代金お支払い時期の目安」
工事代金のお支払い方法は、工務店との契約内容によって異なりますが、一般的には契約時に1/3、上棟時に1/3、建物完成お引渡し時に1/3程度の支払いが多いようです。
2)工事中の管理業務
<約6~8か月>
工事期間中、設計事務所(アトリエグローカル)は工事監理者として工事が図面通り出来ているかの確認、図面で表現しきれなかった部分の指示、現場からの質疑への回答、お客様のご要望や設計段階で想定出来なかった問題に対応するための設計変更の図面作成/費用の査定、各種検査への立ち会いなどを行います。工事現場には平均して週1回(遠隔地の場合は2週に1回)程度の割合で行きます。現場監督とはほぼ毎日、電話・メールなどで連絡を取り合い、工事進捗状況の確認や打合せを行います。お客さまとは月1~2回程度の打合せ/現場立会いをさせて頂きます。
  • 「工事の流れ」参考:木造住宅の場合
  • 地鎮祭→地盤改良/杭(必要な場合のみ)→ 基礎(コンクリート)→ 建て方(骨組みの組立)・上棟→屋根/外壁 → 中間検査 → 内装工事・設備工事 → 外構工事 → 完了検査 → 施主検査 → お引渡し → 家具/カーテン他 → お引っ越し
  • 別途費用(お客様負担)
  • 地鎮祭:着工時(任意:施主判断)
  • 上棟式:骨組み建て方時(任意:施主判断)
3)検査・竣工引渡し

建物が完成したら、行政等に工事完了検査の申請をした上で、現地検査を受け、実際に完成した建物が関係法令に適合していることを確認してもらい、工事完了済証の発行を受けます。
工務店の社内自主検査、設計事務所検査を経た上で、お施主様に完成した建物を実際にご覧になって頂きご了承を頂いて、正式に建物完成(竣工)・お引渡しとなります。

4回目お支払い
(竣工・引渡し時)
設計監理費の30%
建物の取り扱い説明、保証内容の説明、今後の定期点検のスケジュールなどを工務店および設計事務所からご説明させて頂き、最終分の工事代金を工務店にお支払い頂いた上で、建物のお引き渡しになります。建物のお引渡し後、新調家具やカーテン類の搬入設置、お引っ越しをして頂きます。
土地・建物の登記等の手続きを依頼する司法書士等の専門家は融資元の銀行や工務店・設計事務所などからご紹介することも可能です。費用は別途お施主さんが直接お支払いください。
04アフターフォロー 1)6か月・1年・2年点検
建物完成後は、一般的に完成後6カ月、1年、2年を経た時点で定期点検を工務店が行います。その際、原則として設計者も点検に立ち会います。
2)メンテナンス/改修相談
2年点検が終了した後も、不具合があれば、設計事務所や工務店にご連絡をして下さい。
長期的にはリフォーム等のご相談にものらせて頂きます。