練馬区三原台W邸

戸建住宅

2階テラスのある都市の家

1.2階にテラス+LDKを配置した都市型住宅

成熟した既成市街地の従前宅地を2分割して分譲された宅地に建つコンパクトな都市型住宅です。隣戸が近接するため1階には十分な日照が得られない敷地条件において、建蔽率の角地緩和10%を有効活用して2階の一角に約6畳の広さのテラスを設け、これを囲むようにリビングダイニングを配置することで、2階でありながら屋外と連続した室内空間を実現しました。南東角のテラスを通して十分な日差しと風通し、および眺望を得ることができます。

2.窓形状/位置の工夫によるプライバシー調整

隣戸の窓と正対しないようにスリット状の高窓を設けたり、南西や南東の角部に窓を設け建物と建物の間や道路を臨む抜けの感のある視界を確保するとともに、近接する隣戸との視線の交錯を避けプライバシーを守りつつ採光や通風を確保できるように窓の形や位置を工夫しました。

3.将来的な家族構成の変化に対応する可変空間

共働きの若いご夫妻は長男が誕生したばかりで、近い将来第二子のご予定もあり、家族構成やライフスタイルの変動期の只中にあります。1階は細かい間仕切りをできるだけ設けず、また広い部屋に複数の扉を設けるなど、将来的な様々な変化に対応できるように可変性のある構成としています。

4.自然素材の質感を感じられる空間

ナラの無垢フローリング、珪藻土壁、スプルスの木天井などを室内に多用し、自然素材の質感を感じられる空間を意図しました、またリビングの一角にはテラスに面した畳コーナーを設け小さい子供も安心してゴロゴロできる場所を用意しました。ここは家事コーナーとしても機能します。

5.閑静な住宅地の街並みの保全と調和

世代交代等による宅地の細分化の進行で成熟した住宅地の街並みの劣化が顕在化しています。W邸はコンパクトでありながらもすっきり整った形態や外装を心掛け、また少しでも従前宅地の緑を残すなど、街並み景観の保全や調和に十分配慮したデザインとしています。

所在地
東京都練馬区三原台
用途
個人住宅・木造・2階建て
竣工
平成27年4月

画像をクリックで拡大できます

back