目黒区平町M邸

戸建住宅

「光と風」「自然素材」「回遊動線」

閑静な住宅街の古い住宅跡地を3分割した真ん中の宅地がM邸の敷地です。幅(南北)6.3m×奥行き(東西)14mの短冊状の敷地形状で東側に道路が接しています。比較的狭小な敷地ですが第一種低層住居専用地域であり建蔽/容積=50/100、第一種高度斜線制限(北側)という厳しい制約がかかっています。南北の隣地に住宅が近接して建つことが確実な典型的な都心型の敷地ですが、第一のテーマは、「光と風」に包まれた、自然環境を最大限に活用した家づくりです。

建物は敷地内の段差を生かした(半)地下と地上2階+屋上テラスの4層構成で、(半)地下に主寝室、道路から約2m上がった高さの1階に玄関・浴室・トイレ・子供部屋、2階にリビングダイニングキッチンを配置しました。 2階のリビングダイニングキッチンは第一種高度斜線によって制限される高さに沿って傾斜する勾配天井により南側の採光をたっぷり確保した明るい空間です。また間仕切りをなくした一体空間とすることで東西、南北ともに非常に風通しの良い室内環境を実現しました。地下の主寝室は敷地の段差を生かして、東側に大きな窓とガラス貼りの勝手口を設け、さら南側にも小さな空堀を設けて開口を確保することにより、2方向からの採光と通風を確保しており地下であることを感じさせない明るい空間になっています。
M邸は家事動線や収納空間にもさまざまな工夫がされており、特に2階のキッチンまわりは共働きで忙しい奥様が効率的に家事をこなせるよう、アイランドキッチンのまわりに洗濯機コーナーやサービスバルコニーを配置して回遊動線によってそれらが有機的につながる構成になっています。
また、天然素材による仕上げにもこだわり、杉板の天井、友人も手伝ってくれてDIYで仕上げた珪藻土の壁、オスモカラーを塗装した無垢フローリングなど、素材の風合いと手作り感いっぱいのナチュラルでさわやかな空間が生まれました。

所在地
目黒区
用途
個人住宅・地上木造2階・地下RC1階
竣工
平成24年5月